読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bate's blog

調べたこと実装したことなどを取りとめもなく書きます。

Game Physics Engine Development

読書

ペーパーバック版が送料込みで4kくらいだったので買ってみた。
直方体同士の作用点と作用線の方向を知りたかったのでChapter14だけ読んだ。
接触面を構成する各頂点と作用線の見つけ方が、
面と辺と頂点の組を探すのがどうもしっくりこない。
分離軸を使うよりGJKの方がよさげだが、実装できるかどうか。

広告を非表示にする