読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bate's blog

調べたこと実装したことなどを取りとめもなく書きます。

脚本家認定試験

脚本家になるための専門学校に通っていて試験を受ける夢を見た。
小学校の頃の友人がちらほらいた。
試験の記憶はない。
試験後に名前を呼ばれるのを皆で待っていて、自分が呼ばれて「はい、はい」と返事をした。
「はい、は一回」と言われて、また二回返した。
そしたら、また同じ注意をされた。
でも、今度は返事をしなかった。
そして、自慢げに皆を見て「同じ事は3回繰り返すのがセオリーなんだ。でも二回で止めたのはなぜだと思う?」と聞いた。
全員、口をあけてポカーンとしていたので、「3回繰り返さなくても、オチてるからな」と言った。
笑いはなかった。

どうして3回繰り返すのがセオリーなのか分からない。
夢の中でくらい自分ルールで爆笑をとってみたい。
得意気な自分に腹が立った。

広告を非表示にする